京王線(代田橋)中央・総武線 (西荻窪)大井町線(等々力)のベース教室

OKADA音楽教室 トップページにもどる

 体験・入会に関するご相談               
お問い合わせ電話番号:03-5335-7499 無料体験レッスンお申し込みページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みページへ飛ぶ

arrow.gifホーム arrow.gifお問い合わせ arrow.gifよくあるご質問 arrow.gif入会について →サイトマップ

OKADA音楽教室についてのページに飛ぶOKADA音楽教室についてのページに飛ぶコース一覧ページに飛ぶコース一覧ページに飛ぶ講師の紹介ページに飛ぶ講師の紹介ページに飛ぶ無料体験レッスン申し込みページに飛ぶ無料体験レッスン申し込みページに飛ぶレッスン料金のページに飛ぶレッスン料金のページに飛ぶレッスンに通うみなさんの声ページに飛ぶレッスンに通うみなさんの声ページに飛ぶレッスン会場一覧・アクセスページに飛ぶレッスン会場一覧・アクセスページに飛ぶ

初心者におすすめ!エレキベースの基礎がすべてレッスンで習えます

初心者大歓迎。東京でも数少ない女性ベース講師も在籍。
音楽教室では珍しい月1回から予約OK!しかも前日でもレッスン日時の変更が可能です。
レッスンは夜間22時まで対応なので仕事帰りでも楽々お越し頂けます。また駅近徒歩2分で雨の日も安心。
個人・グループレッスン最安¥3,750〜

ホーム > ベースコース

基礎からしっかり身に付くベースレッスン

ベースコースでは、「正しい基礎力が付くトレーニング」+「皆さんの目的に添った練習方法」でレッスンをいたします。実践ですぐに使えるフレーズ、簡単でもカッコ良く聴こえるフレーズなどたくさんご紹介いたします♪
レッスン会場は、京王線 代田橋、中央・総武線 西荻窪、大井町線 等々力、駅近徒歩2〜4分です。

エレキベースコース内容のご案内

アイコン1基礎からしっかり学べるベースレッスンアイコン2

アイコンキレイなフォームを身に付けたい
アイコン2フィンガースラップができるようになりたい
アイコン軽音楽部バンドをやりたい人
アイコンカッコいいベースラインを作れるようになりたい

目次-ベースコースのレッスン内容について

未経験者・初心者の方向けのコンテンツ

ベース教室に通う生徒の画像

ベースをこれから始める人

ベースレッスンを受ける生徒と講師の画像
ベースの基礎がすべて身に付きます
はじめての方は、ベースの構え方、チューニングから覚えていきましょう。また、専用のタブ譜でレッスンを行うので楽譜も読みやすいです。(五線譜も可)


また、基礎的なベースのトレーニングも最初の段階からしっかり行っておきましょう。中でもフォーム作りは初心者のうちに行うべき必須項目の1つです。



ベース本体、チューナー、シールド、アンプの画像予算に応じてご相談ください
ベースをはじめる時に必要なものは左の図にあるベース本体、チューナー(¥1,500前後)、シールド(¥1,000前後)です。
アンプは自宅環境が問題なければ購入されても良いですが、無くても大丈夫です。


ベース本体は1万円ほどからたくさん種類があります。1万円〜2万円ほどのものは入門用としてご検討下さい。はじめからしっかりしたものをお考えの方は4万円〜あたりから選ばれると無難です。
迷われた時はお気軽に講師にご相談ください。

ヘッドフォンアンプの画像(メーカー:VOX)
家での練習に最適なヘッドフォン式アンプ♪
ヘッドフォン(イヤホン)と、これさえあれば夜も練習できます。
スマホに入っている曲も同時につないで鳴らせるので楽しく弾けますよ。
お値段も¥3,000〜4,000程度と手頃です。

ベースを始めたらすぐに取りかかる基礎フォーム

ベースを弾く女性の生徒の画像左手と右手のフォームを作っていきましょう
フォーム作りのメリットは「無駄な力を使わない」「必要な音はしっかり出す」ということです。
特に無駄な力を入れ過ぎると、「音程が変わる」「早いフレーズが弾けない」「最後まで握力が持たない」ばかりか「手首を痛めやすくなる」といったデメリットも起きやすくなります。

また、正しく身に付けば「余計な音を出さない」というミュートのテクニックにもつながりますのでしっかり取り組んでいきましょう。

アイコンフォームが出来ていないとこんな原因にもアイコン

×音がブチブチ途切れてしまう
×途中で疲れて最後まで弾けない
×早いフレーズに追いつけない
×見た目もバタバタ初心者っぽい

×力がしっかり伝達されず音が細い
×音符と休符の境目があいまい
×正確なリズムキープがしにくい
×ミュートしきれず余計な音が出る

これができたら見た目も美しく、無駄がなくなり
早いフレーズも弾けるようになる。

bass_form_top.gif

左手フォームその1
疲れにくく省エネ
ポジションにあった2つのフォームを使い分ける

フォーム1と2を比較した画像

薬指と小指をセットにし、1つの指になったように連動して動かします。
フレット幅が広いローポジションでは、全部の指が開いた状態が続くと疲れの原因になります
上図のように構えることで演奏が楽に行えます。

ハイポジションではフレット幅が狭くなるため、1フレットにつき1指で弾きます。
またフォーム2はローポジションでも使いますが、演奏フレーズによりフォーム1と織り交ぜて使用します。

左手フォームその2
スラスラ
絶対覚えておきたいシフト (ポジション) 移動

動画準備中

絶対覚えておきたいシフト (ポジション) 移動。
シフト移動とは簡単に言えば「横に移動する動き」のことです。なめらかに音程をつなげるためには必須の運指練習です。
音程をつなげる時に、どの指を使ってつないでいくががポイントになります。

右手フォームその1
指弾き・ピック弾き・スラップ
3種類の右手の奏法

動画準備中

ベースの代表的な3種類の奏法(指弾き、ピック弾き、スラップ)で演奏しています。奏法によって音色ががらっと変わります。
尚、これらの弾き方は全てできる必要はありません。いくつか試してみてから自分のスタイルに合ったものを選びましょう

ベース1ヶ月目〜1年目のレッスンの進め方

 ・チューニング        ・シフト移動          ・簡単な課題曲(16ビート)   ・スラップ奏法、親指奏法など
 ・アンプの使い方       ・クリックに合わせて弾く    ・ダイアトニックコード      ・ゴーストノート
 ・タブ譜の読み方       ・休符の止め方(ミュート)   ・ペンタトニックスケール     ・アドリブ、ソロ
 ・左手のフォーム作り     ・ハンマリングオン       ・いろんなリズムで弾いてみる   ・いろんなジャンルでの演奏
 ・2フィンガー、ピック弾き   ・初級リズムパターン      ・コードトーンについて      ・他の楽器とのアンサンブル
 ・簡単な課題曲(8ビート)

※上記は一例です。その時々で生徒さんに必要な練習を講師がご提示いたします。

課題曲ランキング(3〜6ヶ月)

第1位若者のすべて
フジファブリック
区切り線

第2位ばらの花
くるり
区切り線

第3位DOLL
SCANDAL
区切り線

はじめてから6ヶ月くらいの方が取り組んでいる曲

・The Beatles「Something」
・Goo Goo Dolls「Name」
・BEN E. KING「Stand by Me」
・Earth Wind And Fire「September」
・Grover Washington, Jr.「Just the
 Two Of Us 」
・Galileo Galilei「夏空」
・SUPER BUTTER DOG「サヨナラCOLOR」
・絢香「おかえり」


無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ

経験者向けのコンテンツ

ベースの上達に向けて課題と目標を作りましょう

ベース経験者の悩みイメージ画像

Q:質問リズムキープが上手くできません
「バンドのドラムにもハシってると言われてしまいます」

講師の顔写真

A:答え
リズムをキープすることはベーシストの最も大事な仕事の1つです。なるべくドラマーと息をそろえて演奏するためにも、日頃からたくさん生のドラムと合わせることもおすすめです。自宅では必ずメトロノームも使ってください。また自分の演奏を録音することで、理想のタイム感に近づけていくトレーニングを行いましょう。

Q:質問音作りとか機材のこと、よく分からないままやってきた
「音は出てるしこれでいいかなって思うけど、実際のところ自信無くて」

講師の顔写真

A:答え
ライブハウスやリハーサルスタジオによって置いてあるアンプもさまざまです。いざ現場で困らない為にも、必要な知識はしっかりと覚えておきましょう。
レッスンでは正しいアンプのセッティングや必要に応じてエフェクターの使い方なども学べます。

習得できるテクニックと知識

世田谷代田橋教室でレッスンを受ける生徒と講師の画像実践で使えるものだけを厳選
レッスンでは、簡単で使いやすいフレーズから、難しいけど弾けたらかっこ良いフレーズまでたくさんご紹介します。
単に練習フレーズとして弾くのではなく、演奏としても使えるベースフレーズを取り入れてレッスンします。

また、オリジナルのベースフレーズの作り方でお悩みの方も是非ご相談ください。ご希望の方は、より深い音楽理論も交えてご指導も可能です。

【習得できるテクニック】

・親指奏法、スラップ奏法
・ミュートテクニック
・ゴーストノート

・シャッフル、スイングビート
・アドリブ、ソロ

【習得できる知識】

・ダイアトニック、ノンダイアトニックコード
・さまざまなコード進行、スケール
・テンション(9th、11th、13th等)

・ツーファイブ
・実践に役立つアンプ、エフェクターでの音作り
・オリジナルフレーズの作り方

課題曲ランキング(1年以上の経験者対象)

課題曲第1位完全感覚Dreamer
ONE OK ROCK
区切り線

課題曲第2位前前前世
RADWIMPS
区切り線

課題曲第3位I Want You Back
The Jackson 5

はじめてから1年以上くらいの方が取り組んでいる曲

・Marcus Miller「Run For Cover」
・The Doobie Brothers「Long Train
 Runnin'」
・Larry Graham「Pow」
・Jaco Pastorius「Teen Town」
・The Jackson 5「I Want You Back」
・Jamiroquai「Virtual Insanity」
・東京事変「群青日和」


無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ

実施会場アクセス・講師のご案内

世田谷区代田橋ベース教室のアクセスページへ飛ぶ世田谷区代田橋ベース教室のアクセスページへ飛ぶ

杉並区西荻窪ベース教室のアクセスページへ飛ぶ杉並区西荻窪ベース教室のアクセスページへ飛ぶ

世田谷等々力ベース教室のアクセスページへ飛ぶ世田谷等々力ベース教室のアクセスページへ飛ぶ

※会場をクリックするとアクセスページに飛びます。

エレキベース:齊藤庸介講師の顔写真

エレキベース:岡田ヒロユキ講師の顔写真

エレキベース:山田直子講師の顔写真

エレキベース:岡田豊文講師の顔写真

※講師によって実施していない会場がありますので、スケジュールで確認ください。
講師プロフィール・スケジュールのリンクページに飛ぶ講師プロフィール・スケジュールのリンクページに飛ぶ

無料体験レッスン実施中

無料体験レッスン実施中!

まずは体験。はじめてみよう
 「習ってみたいけどちょっと不安」
 「自分に合った教室かな?」
 「講師ってどんな人?」

無料体験レッスンを行う講師と生徒さんのイメージ

無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ