京王線(代田橋)中央・総武線 (西荻窪・高円寺)初心者8割のアコースティックギター教室

OKADA音楽教室 トップページにもどる

 体験・入会に関するご相談               
お問い合わせ電話番号:03-5335-7499 無料体験レッスンお申し込みページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みページへ飛ぶ

arrow.gifホーム arrow.gifお問い合わせ arrow.gifよくあるご質問 arrow.gif入会について →サイトマップ

OKADA音楽教室についてのページに飛ぶOKADA音楽教室についてのページに飛ぶコース一覧ページに飛ぶコース一覧ページに飛ぶ講師の紹介ページに飛ぶ講師の紹介ページに飛ぶ無料体験レッスン申し込みページに飛ぶ無料体験レッスン申し込みページに飛ぶレッスン料金のページに飛ぶレッスン料金のページに飛ぶレッスンに通うみなさんの声ページに飛ぶレッスンに通うみなさんの声ページに飛ぶレッスン会場一覧・アクセスページに飛ぶレッスン会場一覧・アクセスページに飛ぶ

東京都 杉並区・世田谷区で実施のアコースティックギターレッスンのご案内。初心者に優しく正しい弾き方が学べます。

アコースティックギターがはじめての方も大歓迎
音楽教室では珍しい月1回から予約OK!しかも前日でもレッスン日時の変更が可能です。
レッスンは夜間22時まで対応なので仕事帰りでも楽々お越し頂けます。また駅近徒歩2分で雨の日も安心。
個人・グループレッスン最安¥3,750〜

ホーム > アコースティックギターコース

定番人気のアコースティックギターを弾こう!

大人がやってみたい楽器、お子さまに習わせたい楽器としても定番人気のアコースティックギター。
好きな曲が弾けるよう、正しい弾き方やコードを講師が丁寧にレッスンいたします。
レッスン会場は杉並区西荻窪高円寺 (中央線・総武線)、世田谷区代田橋 (京王線)、いずれも駅近2〜4分です。

アコースティックギターコース概要

アイコンアコースティックギターで弾いてみたい有名曲メドレーアイコン


アコースティックギター入会特典プレゼントページに飛ぶ入会の方にアコースティックギタープレゼント!
区切り線
ただいまご入会の方に、なんとアコースティックギターをプレゼント!女性やお子さまにも扱いやすいコンパクトサイズです。練習にはもちろん、持ち運び用、セカンドギターにもおすすめです♪

入会特典:アコースティックギタープレゼントキャンペーンページに飛ぶ入会特典:アコースティックギタープレゼントキャンペーンページに飛ぶ

アコースティックギター女性講師の画像東京都内でも数少ない
女性のアコースティックギター講師も
邦楽洋楽ポップスからロック、さまざまな音楽に精通した女性講師による
レッスンを受講いただけます。また、マンツーマンでのご指導も可能です。
※女性講師を希望の方は、あらかじめ空き時間割りをご確認ください。

目次-アコースティックギターレッスン内容について

未経験者・初心者の方向けのコンテンツ

アコースティックギターレッスンの雰囲気や会場の様子のイメージ画像

はじめてのアコースティックギター

何を用意する?予算はいくら?楽譜が読めなくても大丈夫?

アコースティックギターレッスンの風景の写真初心者の方も安心して始められます
はじめての方は、ギターの構え方、チューニング、コード譜面(タブ譜)の読み方からゆっくり覚えていきましょう。
最初は全てが分からなくて当たり前です。数多くの初心者の方のレッスンを行ってきた講師陣が丁寧にご説明いたします。

また、最初はきれいに和音(コード)を出すということが難しいです。音をきれいに出すには正しいフォームを身に付ける必要があります。フォーム作りも講師にお任せください。


アコースティックギター男性の生徒の写真
最初の1曲を弾き切ることを目標に
アコースティックギターは最初の1曲が弾けるようになるまでは、ある程度の根気と練習が必要です。ただし1曲弾けるようになれば、2曲目、3曲目と弾けるスピードもどんどん上がっていきます。まずは最初の1曲を弾き切れるよう頑張りましょう。
少し慣れたら好きな曲の伴奏を目標にするのもおすすめです。


ギター本体・ピック・チューナーの画像最初に用意する3つのもの
ギター本体、ピック、チューナーの3つがあればOK。
ご予算も全部で1万円台〜から始められます。
今なら入会の方にコンパクトサイズのギターもプレゼント中です!

また、ギターは毎回レンタルも可能なので、お仕事帰りに手ぶらでお越し頂けます。

入会特典:アコースティックギタープレゼントキャンペーンページに飛ぶ入会特典:アコースティックギタープレゼントキャンペーンページに飛ぶ

▲目次へ戻る


お子さまにアコースティックギターをお考えの方

アコースティックギターを持つ子供(ジュニア生徒)の写真

アコースティックギターって何歳から始められるの?

適正年齢:6歳〜(小学生以上)

アコースティックギターはエレキギターやウクレレに比べて入り口が難しい楽器です。きれいな音が出るまでには根気と集中力が必要です。
しっかりと上達を望まれる方は、自宅でギターに触わる時間を多く作ってあげる必要があります。
尚、最初のうちは何となく楽器に触れるだけでもいいという親御さんも多いです。

小学校低学年のうちは、身長や手の大きさに合った子供用ギターを選びましょう。
ボディが大きすぎるものは抱えることもままならず、弾けるようになる前に意欲を無くす原因にもなります。大きさや種類については、講師とその都度ご相談ください。

ジュニアコースページに飛ぶジュニアコースページに飛ぶ


アコースティックギター 基本の2つの弾き方

まずは、ストロークとフィンガーピッキングと呼ばれる2つの基本的な奏法を覚えましょう。

チェックポイント<基本の奏法>
・コードストローク     
・フィンガーピッキング(3&4フィンガー・アルペジオ)

初級ストローク奏法
ピックを使ったストロークと呼ばれる奏法です。
皆さんも聴いたことのある”ジャカジャカ”する弾き方です。一気に素早く上下に弦をかき鳴らします。
最も基本的な奏法の1つです。

初級フィンガーピッキング奏法
ピックを使わずに指先や爪で弾く奏法です。
弦を同時にはじく奏法と、1本ずつばらばらに弾く奏法(アルペジオ)の大きく2種類あります
どちらもよく使うのでしっかり身に付けましょう。

他のアコースティックギター演奏動画ページへ飛ぶ

▲目次へ戻る

コードは“”で覚えましょう

アコースティックギター女性の生徒の写真アコースティックギターを弾く上で、コードは欠かせないものです。
ただし、コードは数百(数千)以上とあまりにも数が多いため、コードそのものを丸暗記するのではなく、コードの”型”を覚えましょう。
十数種類の型を覚えることと、成り立ちを知ることで、おおよそどんな曲でも対応できるようになります。

また、ポップスなどによく出てくるコードの組み合わせ(コード進行)は、曲が違っても同じことも多く、セットで覚えると効果的です。

チェックポイント
 ・コードは丸暗記ではなく”型”で覚える
 ・コードの組み合わせ(コード進行)はセットで覚える

アコースティックギター1ヶ月目〜1年の間のレッスンの進め方

アコースティックギター1ヶ月目〜1年目のレッスン内容のイメージ

・正しい姿勢と構え方     ・コードの組み合わせを覚える   ・ミュート          ・中級フィンガーピッキング
・チューニング        ・初級アルペジオ         ・ハンマリングオン      ・特定のジャンルでの演奏
・コードについて       ・3フィンガーピッキング     ・プリングオフ        ・ソロギター(希望者のみ)
・簡単なリズム譜を読む    ・4フィンガーピッキング     ・スライド
・ピックでストローク     ・簡単な曲から演奏  

※上記は一例です。一人ひとりに必要な練習を講師がご提示いたします。

課題曲ランキング(3〜6ヶ月)

第1位Stand by me
Ben E.King
区切り線

第2位Tears in Heaven
Eric Clapton
区切り線

第3位チェリー
スピッツ

はじめてから6ヶ月くらいの方が取り組んでいる曲

 ・BEGIN「海の声」
 ・阿部真央「貴方の恋人になりたいのです」
 ・秦基博「アイ」
 ・AI「Story」
 ・Lisa Loeb「stay」
 ・CARPENTERS「Close To You」
 ・山崎まさよし「One more time,One more
  chance」

レッスンで使用した曲リストの記載ページへ飛ぶ


無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ

経験者向けのコンテンツ

昔やったことがあるけど途中でやめてしまった人

困っているキャラクターアコースティックギターは挫折しやすい?
アコースティックギターは身近にある楽器なだけに、一度は触ったことがある人も多いです。また買ってはみたけれど、途中であきらめてしまった人も多いです。

弾かなくなる理由の1つに、Fコードなどの押さえにくいコードがあります。これら多くはバレーコードと言われる難関コードですが、指のフォームが出来上がらないうちに挑んでも、きれいな音が鳴りません
はじめのうちは手の形を作るだけ(音が出なくてOK)、もしくは弾かずに飛ばしてしまいましょう。

チェックポイント
 ・難関コード、バレーコードは弾かずに飛ばしてOK
 ・きれいな音を出すためにはフォーム作りが必須

アコースティックギター経験者の方の演奏写真途中であきらめないためのコツ
たとえきれいに音を出せなくても触り続けることが大事です。また、触り続けないとフォームは出来上がりません。
しっかりとした練習に基づき、正しいフォームを作りましょう。そのうち必ず音がきれいに鳴る瞬間が訪れます。
また、下の図のように"基本形コード"以外を知るのもおすすめです。

押さえにくいコードは、押さえやすく形を変えてOK

Fコード (基本形) バレーコード

難しいとされるFコードのダイアグラム基本形は押さえにくく、挫折のもとになることも



<Fコードの押さえ方のバリエーション>

教則本に出てくるFコードは上の図のような”基本形”が多いです。また、一口にFコードと言っても、基本形以外にたくさん押さえ方があります。少し書くだけでも下の図のように6パターンほどあります。
基本形でないといけないということは全くありません。

比較的押さえやすいFコードのダイアグラム①

比較的押さえやすいFコードのダイアグラム②

比較的押さえやすいFコードのダイアグラム③

比較的押さえやすいFコードのダイアグラム④

比較的押さえやすいFコードのダイアグラム⑤

比較的押さえやすいFコードのダイアグラム⑥

↓

変え方を知れば、演奏がぐっと楽になることもあります
コード進行に合わせて最適な押さえ方を見つけましょう

ある程度慣れた方は
演奏のバリエーションを増やしましょう

中級コードストローク奏法
Aメロ→Bメロ→サビという流れで演奏が進行しています。また、伴奏のセクションによってストロークのパターンを変化させています。
サビ部分では、通常のコードに+α音程を加え、動きのある進行となっています。

中級フィンガーピッキング奏法
テンポの早いアルペジオ、ミュート音を入れたパーカッシブな奏法、ハンマリング、プリングなどのテクニックを入れて演奏しています。
奏法の引き出しを徐々に増やしていきましょう。

他のアコースティックギター演奏動画ページへ飛ぶ

▲目次へ戻る

《中・上級者向け》
弾けたら感動!ソロギターに挑戦

ソロギターとは「メロディー」と「伴奏」を一人で同時に弾く演奏スタイルです。
一人で二役を行い、指の移動も増えるため、難易度もぐんと上がります。

チェックポイント
   メロディー + 伴奏 =ソロギター (ソロ弾き)

↓

メロディーと伴奏を同時に弾くことで華やかな演奏に!

比較的簡単に弾けるソロギター講座

ソロギターはある程度ギターに慣れている人でも、練習を積まないとなかなか弾くことができません。しかし、1曲弾き切ることができた時は大きな達成感もあり、華やかでテクニカルな演奏ができるようになります。伴奏を弾くだけに飽きてしまった人は是非チャレンジしてみてください。

アイコン「スタンドバイミー」をソロギターで弾いてみるアイコン

他のアコースティックギター演奏動画ページへ飛ぶ他のアコースティックギター演奏動画ページへ飛ぶ

<ソロギターレッスンの進め方>

その①メロディーを単音で弾く。その②伴奏だけ弾く。①と②をまずはバラバラで行う。
その③メロディーと伴奏を組み合わせて同時に弾く
その④コードを増やし、アルペジオやストロークのバリエーションを増やす

ソロギターは長い期間をかけて1曲仕上げることになります。ずっと練習できるような好きな曲を選ぶようにしましょう。また、メロディーがゆったりで、音域の変動が少ない曲から取りかかるのもおすすめです。選曲についてはお気軽にご相談ください。

課題曲ランキング(1年以上)

第1位Blackbird
The Beatles
区切り線

第2位Change The World
Eric Clapton
区切り線

第3位ルパン3世のテーマ
大野雄二

はじめてから1年くらいの方が取り組んでいる曲

・Eagles「Hotel California」
・山下達郎「Sparkle」
・The Beatles「デイトリッパー」
・CHICAGO「Hard To Say I'm Sorry」
・押尾コータロー「翼」


レッスンで使用した曲リストの記載ページへ飛ぶ


無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ

豆知識 アコースティックギターの種類について

フォークギターの写真

エレクトリックアコースティックギター(通称エレアコ)の写真

クラシックギターの写真

サイレントギターの写真

ポップスの定番
フォークギター

スチール(鉄)弦が張られたギター。一般的にアコースティックギターと言えばこれ。
コード弾きや弾き語りに。

ライブしたい方に
エレアコギター

アンプを通して大音量が出せるエレキ仕様のギター。
チューナー内蔵の便利なタイプもあります。

ボサノバなどに
クラシックギター

ナイロンやカーボン弦が張られています。クラシックやボサノバ、ジャズ等の演奏に使うことも多いです。

夜の練習にも
サイレントギター

ギター単体ではあまり音が鳴りません。ヘッドフォンから聴くことができるので、夜の練習にも最適。

《有名なアーティスト》

【日本】
・福山雅治      ・奥田民夫       ・井上陽水    ・トータス松本
・桑田佳祐      ・ゆず         ・桜井和寿    ・小野リサ
・阿部真央      ・秦基博        ・YUI      ・矢井田瞳
・山崎まさよし    ・押尾コータロー    ・矢井田瞳    ・コブクロ
・森山直太朗     ・小沼ようすけ 

【海外】
・Eric Clapton    ・Bob Dylan     ・John Lennon     ・Simon & Garfunkel
・Eagles       ・Lisa Loeb     ・John Mayer    ・Don Ross
・Tommy Emmanuel     ・Andy McKee

アコースティックギターレッスン実施会場アクセス・講師のご案内

世田谷区代田橋アコースティックギター教室のアクセスページへ飛ぶ世田谷区代田橋アコースティックギター教室のアクセスページへ飛ぶ

杉並区西荻窪アコースティックギター教室のアクセスページへ飛ぶ杉並区西荻窪アコースティックギター教室のアクセスページへ飛ぶ

杉並区高円寺アコースティックギター教室のアクセスページへ飛ぶ杉並区高円寺アコースティックギター教室のアクセスページへ飛ぶ

※会場をクリックするとアクセスページに飛びます。

アコースティックギター:高岡智子講師の顔写真

アコースティックギター:高水春菜講師の顔写真

アコースティックギター:木村ユウマ講師の顔写真

アコースティックギター:早川拓哉講師の顔写真

アコースティックギター:木本篤志講師の顔写真

※講師によって実施していない会場がありますので、スケジュールで確認ください。
講師プロフィール・スケジュールのリンクページに飛ぶ講師プロフィール・スケジュールのリンクページに飛ぶ

無料体験レッスン実施中

無料体験レッスン実施中!

まずは体験。はじめてみよう
 「習ってみたいけどちょっと不安」
 「自分に合った教室かな?」
 「講師ってどんな人?」

無料体験レッスンを行う講師と生徒さんのイメージ

無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ無料体験レッスンお申し込みフォームのページへ飛ぶ